難しいダイエットで継続できない私にピッタリのドローイン

k21太っていると、健康に良くないということは十分理解はしていても、なかなか間食が止められなかったり、美味しいものは大抵カロリーが高かったりで、痩せようと思っても痩せられないままに年を重ねています。
たまに気が向いたように「ダイエットを行って痩せよう」と思い立ち、ネットなどでダイエット方法を調べるのですが、どうしても寝るだけダイエットとか、起きている時間帯で8時間は好きな物を食べても良いという、どちらかというと安易な方法を取りいれては、長続きせず、結局、元の体重よりも増えてしまうというリバウンドを繰り返しています。
何か、簡単で、長続きするようなダイエットは無いのか?と知人に聞いたり、ネットで調べたりしていて、最近知ったダイエット方法が「ドローイン」というものです。
まだ、詳しい内容までは把握できていないのですが、ドローインとはお腹の動きに意識を向けながら呼吸をするものだそうです。体重の減少がメインのダイエットではないですが、確実にお腹のくびれが作られていくようなので、期待しています。またドローインは腰痛予防にも効果的なエクササイズなので、腰痛持ちで運動が苦手な私にはバッチリかなと思っています。
このドローインは時と場所を選ばないということでも、手軽に始められるダイエットであり、なるべく継続して行い、その効果に期待したいと思っています。

正しい姿勢に矯正したらダイエット効果アップ!

k025

これまでにたくさんのダイエットに挑戦し、それぞれのダイエット効果を検証しつつ、分析もしてきています。そこで気付いたのですが、同じダイエット方法をしていても、結果が残せる人と結果が残せない人が必ず出てきます。
それは、何が原因なのかを特に注目してます。ダイエットの期間は同じ、ダイエットの時間も同じ、ダイエットの方法も同じだと、あとは、ダイエットをする人の体質などが影響してくるのかど思うわけです。ダイエットに成功した人に共通していたのは、姿勢がわりかし良いことです。
姿勢と言ってもおおまかなので、どこか特化して違いは無いかと分析すると、ダイエットに成功した人は、ウォーキングする時に、姿勢が良いわけです。どうして良いかというと、足の指をしっかりと使って歩けてるからです。足の指を使うことでバランス感覚が良くなります。靴を脱げば、そのバランス感覚の良し悪しがすぐにわかります。
足の指に力が入らない人は、靴を脱いだ途端に真っ直ぐに綺麗に立つという単純な作業がぎこちなくなります。それは、カカトにばかり重心がのってしまい、足の指先で踏みしめられてないからです。同じダイエットをするにしても、ちょっとした運動を取り入れた場合、しっかりとした歩き方で歩けてるかどうかで体全体に影響してることが考えられます。
事実、足の指先を使えてなかった人に、毎日、足の指先を鍛えるトレーニングをしてダイエットにも集中してもらうと、これまでのダイエット効果より良い数値が出たのです。まずは、体の基本的なメンテナンスが必要なのだと思ったのです。

ウォーキングをする前に緑茶を飲むと効率良くダイエットが出来る

k09お腹周りに脂肪が蓄積されてきてメタボ体型になってしまったので毎日自宅周辺をウォーキングしてダイエットに取り組んでいました。しかしお腹周りに蓄積された脂肪が燃焼されていかないのであまりダイエット効果が実感出来ていなくて悩んでいました。
そんな時に友人からウォーキングを始める前に緑茶を飲むと効率良くダイエット出来ると教えてもらいました。緑茶にはカテキンという成分が含まれていて脂肪を分解する作用が有るという事でした。脂肪が分解されるとそのまま燃焼していくのでダイエット効果が期待出来るという事でした。
ウォーキングをする場合は20分以上経ってから脂肪が燃焼し始めるという事で効率良くダイエットする事は出来ないという事でした。そのためウォーキングを始める前に緑茶を飲むと脂肪が燃焼し始めるのも早くなるので効果的という事でした。
早速ウォーキングをする前に緑茶を飲むようにして1ヶ月間続けたら確かにお腹周りに蓄積された脂肪が少しずつ落ちてきていました。そのため緑茶に含まれているカテキン効果が出たと思いました。
これからもウォーキングをする前に緑茶を飲むようにしてダイエットを続けていく事にしました。それでお腹周りに蓄積された脂肪を完全に落とせればいいと思いました。
緑茶以外にもダイエットに効くお茶はたくさんあるようですからその中から好みの味で選んでもよさそうですね。

ダイエットは自己管理能力が必要

k4303皆さんダイエットに取り組んだことはあるでしょうか?標準体重を大きく超えている人、もしくは標準体重を下回っているのにダイエットしたいという人はいるかもしれません。当たり前の事ですが、同じ身長であれば体重が重い人の方がダイエットした効果は出やすいのです。基礎代謝の消費カロリーは違っても、そこまで大きく違う訳ではないからです。
また、慢性的な便秘や水分の取り過ぎの上に慢性的な運動不足が重なれば余計にオーバーな体重を維持していることになります。
結局のところ、基本的には消費カロリーよりも摂取カロリーが大きいから太り、消費カロリーの方が大きくならないから太ったままになります。よくダイエットに失敗する人が割と多いという話を聞きますが、極度なカロリー制限で食事をしなくても適度なジョギングなどの運動を継続的に実施すればどんな人でも達成できるものです。それができないのは、単なる自己管理能力が無いからです。ダイエットに対してもその程度の気持ちしか無いから失敗するのです。より簡単にという方法を追求するより、無理のないハードルを設定してそれを実行する気持ちがあるかないか、それだけなのです。
体重に関して言うと、通常鍛えていない人が標準体重だとちょっと丸い感じに見えてしまいます。筋トレで鍛えこんでいる人は標準体重でも締まっており丸く見えません。ダイエットの成果は自己管理能力を鍛える上でとても有効な方法の一つになります。何をするにも自己管理能力が必要になってくるので、ダイエット以外においても目標に向かう時はいつも自己管理能力が成功のカギを握っているのです。